LUXMAN Neo Classico II 試聴レポート

お問合せ お問い合わせ
LUXMAN  Neo Classico II  聴いてみました
  • HOME
  • LUXMAN Neo Classico II 聴いてみました

11年ぶりのシリーズ新製品「LUXMAN Neo Classico II」を試聴されたお客様よりレポートが届きました。店内に展示のない製品はご相談いただければご用意できる製品もございますのでお問合わせ下さい。なお、掲載内容は実際にお聞きいただいたお客様個人の印象で全てを保証するものではありません。

LUXMAN Neo Classico II 試聴レポート ~お客様より~2018年12月

-1- 試聴機種
CDプレーヤー:D-N150 真空管プリメインアンプ:SQ-N150
スピーカー:TANNOY/ AUTOGRAPH-MINI-GR FOSTEX/GX100BJ
レコードプレーヤー:LUXMAN/PD-151/PD-171A
カートリッジ:DENON/DL-103
-2- 製品特徴
【LUXMAN D-N150、SQ-N150】
11年前に発売され好評を博したNEO CLASSICOのリニューアルモデル。スロバキア製真空管 EL84プッシュプルの10W×2のアンプ、ドライブメカの新設計と、TI社製 PCM5102AのDACチップ搭載。操作性、早い。すべてをA4サイズで統合している。日本の住宅事情に合わせたような、小さなサイズから品位のある格調高い音楽が奏でられるのを目的としている。仕事が終わった夜自宅の個人の部屋で静かに音楽に浸る時間を持ちたい時など、ただ単にメロディーを奏でるオーディオではなく、音楽の深みや演奏者の思い、演奏技法の細部まで感ずることのできるオーディオのような気がする。
【LUXMAN PD-151】
LUXMANには、レコードプレーヤーとして好評を博したPD-171があるが、基本的な設計はそのままで徹底的にコストダウンした製品。PD-151の音の分解性、音の伸びやかさ、低音から高音までのバランスは良い。ただ、PD-171に比べて音が柔らかくなるようだ。JELCO製トーンアームは同一。モーターはACシンクロナスモーターからDCブラシレスモーターに変更している。 【LUXMAN PD-171】
主要部品を15mm厚のアルミプレートから吊り下げて振動を防ぎ、オーディオアンプと同等の設計から作り出した正波形でACシンクロナスモーターを回転させ、鋼性と正確な回転で、S/N比と音の滑らかさ、自然さを作り出している。
【FOSTEX GX100B】
マグネシュウム振動版を使用した小型スピーカー。プレーヤーやアンプの音作りや音色を素直に反応する。本来の音は、格調高く、上品で、静かな雰囲気を醸し出す。
【TANNOY AUTOGRAPH MINI/GR】
外観をタンノイ伝統のオートグラフに模したスピーカーで10cm同軸。再現される音は、一音一音明瞭でエネルギー感あふれ軽やかさと快適さが感じられる。
D-N150+SQ-N150
-3- D-N150+SQ-N150+GX100BJ (CDを使用し試聴)
1) 平原綾香 明日
静かで音の厚みがありひずみ感は無く音のバランス良好。レンジ感は過不足なく音の分離良好。ひとつの完成された姿。
2)ローズマリー クルーニー THANKS FOR THE MEMORY
スピーカーの音色の為か音楽がクールな印象。分離性、定位、良好。細部の表現も十分。テナーの重厚感、厚み感が出る。高音から低音までバランス良好。リラックスして音楽を楽しめる雰囲気。S/N比良好。
3) ヘルゲ リエン トリオ TAKE FIVE
ジャズのスケール感は、大型スピーカーに比べると一歩後退。ピアノの音、自然で滑らかさが感じられる。全体としてまとまり感ある。十分な奥行きを感じるが、迫力を押し付けてくるような音作りではない。
4) アリス サラ オットー ラ カンパネラ
ピアノの音に深みがあり、クラシックの雰囲気が良く出ている。深夜小音量で聞いても表現力十分で、落ち着きた雰囲気を味わえる。演奏会場の雰囲気の表現までは無理。バランス良好。音に厚みあり、楽器の存在感に通じる。
5) ヒラリー ハーン チャイコフスキー バイオリン交響曲
演奏会場の重厚さが伝わる。大型スピーカーからは、スケール感はダウンするが、全体のまとまり感は良好。弦の艶やかさや、こすれる音の雰囲気が十分に伝わる。小音量でも十分楽しめるのでは無いか。
-4- D-N150+SQ-N150+TANNOY AUTOGRAPH MINI/GR
1) 平原綾香 明日
平原綾香が、明るくつややかで元気よく聞こえる。音の分解性良く、一音一音が浮き上がる。音は厚く、クリヤー。音像は大きい。S/N比は後退、
2) ローズマリー クルーニー THANKS FOR THE MEMORY
ローズマリーの声が太く、艶やかで、エネルギー感ある。テナーサックスが重厚感あり、楽器の表現は、タンノイの方が生々しい。定位、S/N比はフォスターの方が良い。
3) ヘルゲ リエン トリオ  TAKE FIVE
ピアノの艶やかさが良く出て、打楽器の感覚が良い。楽器の分離感、厚み感、質感良好。ジャズのエネルギー感や迫力がある。
4) アリス サラ オットー ラ カンパネラ
ピアノのスケール感と、定位の良さ感ずる。演奏内容の表現十分。スケール感出る。重低音の表現 良好。演奏会場で聞く雰囲気に近い様だ。
5) ヒラリー ハーン チャイコフスキー バイオリン協奏曲
オーケストラのスケール感が出て、華やかな雰囲気の中にバイオリンが浮かび上がる。バイオリンの弦の鳴り方や震える感覚が良く表現される。バイオリンが艶やかで明るい。 ラックスマンは、小スピーカーでの駆動は、バランスの取れた表現をしている。自然で音楽に浸れる表現力を持ち、よくまとまっている。 
  
-5- PD-151+SQ-N150+GX100BJ  (LPレコードを使用し試聴)
1) LA4 なき王女のためのパヴァーヌ
繊細なトライアングルの音が良く出て、さらにベースの音の分解性や奏者の指使いが伝わる。低音の弾むような感じが出る。全体的には、静かな感じだが、良くまとまっている。スケール感は大型スピーカーに比べれば一歩後退。
2) リーモーガン CANDY
落ち着きがあり、おとなしめ、穏やかなジャズ。でも、雰囲気に引かれる。BGMとしても十分。
3) 荒井由実 海を見ていた午後
音に深みあり。静かな曲によくマッチする。レコードプレーヤー、アンプ、スピーカーとのマッチングは十分。S/N比 良好。
4) ブレンデル クリーヴランド SQ ます
バイオリン四重奏の荘厳さが良く出る。ピアノの音は自然に浮き上がり、全体の演奏によくマッチしている。音の分解性は良好。 
    
-6- PD-171+SQ-N150+GX100BJ
1) LA4 なき王女のためのパヴァーヌ
音の分離、分解性良好で、楽器の存在感を感ずる。低音がしっかり出て、音の躍動感がある。ジャズのエネルギー感良く出る。S/N比、PD-151と比べて高くなる。
2) リーモーガン CANDY
トランペットの実在感、深み良く出る。レンジ感広い。フォスターの音はジャズにはおとなしいようだ。音の分解性はPD-151より良好。
3) 荒井由実 海を見ていた午後
音の分離、定位、音像の浮き上がる感じが良い。 
4) ブレンデル クリーヴランド SQ ます
楽器の分離、分解性、良好。レンジ感広く、全体のバランス良好。穏やかな雰囲気に包まれる。MC入力の感度がもう少し欲しい、CD再生より音楽の深みを感ずる。
LUXMAN PD-151

※掲載内容は個人の印象であって、全てを保障するものでは有りません。

お問合わせ
特価販売価格、試聴に関するお問い合わせなど、お電話・メール・お見積りフォームにてお待ち申し上げます。
お見積りフォームへ

試聴レポート一覧

お問い合わせ先 ご利用ありがとうございました

ページの先頭に戻る